美容師専用の手荒れ対策手袋とか開発されないかな
スポンサーリンク

こんにちは。

もう美容師歴10年以上になりますが、未だに自分は手荒れします。

まぁだいぶ軽いほうなんですが、過去には壮絶な手荒れとの戦いがありました。

こんなのも書いてます↓↓

[kanren postid="371"]

原因は人それぞれなんですが、やっぱり共通して言えるのは

  • 素手で薬剤やシャンプーなどを触る
  • 常時水もしくはお湯を使うので手の皮脂膜がほぼない
  • 髪の毛を乾かす時にドライヤーを使うので単純に手が乾燥する
  • 睡眠時間、食事の時間なども含めて生活が不規則になりがち

この辺りが根本的な原因としてある気がします。

本当に不思議ですが、平気な人は何ともないんですよね。

乾燥する季節に軽く手の甲がカサカサした感じくらいとかで「手荒れしてきました〜」とか言われた日には笑ってしまいます。

深刻な人は1日でなりますから。

まぁそういう人はいいんです。

で、本題としては

美容師専用の手袋って存在しない

って事ですね。

ゴム手袋とか別ですよ?でもあれシャンプーはできない。

厳密に言えば出来なくないけど確実にお客様の髪の毛が引っ張られます。特に髪の毛が細い人。

他にも

こんなのとかもありますが、、、

悪くないけど決してベストではないんですよね。

しかも高い。

少なくとも使い捨てできる値段ではない。

薄くてお湯の温度もわかるし、髪の毛がつれるようなことは少ないのですが、いかんせんすぐ破れるし。

あと外したあとのあのベタベタ具合も微妙。

手荒れするときのポイントとして、手袋したときなんかの汗も手あれを悪化させる原因の1つらしいです。

しかもゴム手袋もロイヤルタッチもコスト面から必ずみんな使い捨てにはしません。

んで外側は洗ったり拭いたりするとしても、毎回内側を洗って汗まで落とす人は皆無でしょう。乾いてても汗は残ってるんですよね。

夏に同じ下着ずっと着けてたら痒くなりません?

あれと同じですね。

あと、ゴム手袋ほどは指や手にフィットしないから、なんか思わぬところで滴が垂れてお客さんの顔を濡らすとかもあったりします。

そうするとみんなシャンプーの時に手袋しなくなるんですよね。

僕もそうでした。

悪循環。

ちなみに僕は皮膚科で調べてもらったらラテックスアレルギーもあったので、なおさらゴム手袋は使えなくなりました。

そこで皮膚科の先生に勧められたのがこれ↓↓

いわゆるプラスチック手袋ですね。

これはなかなかいいです。

コスパ良いし、使い捨てで使えます。

僕はカラー塗る時もパーマ巻く時もストレート塗る時もこれでやります。

不便を感じた事はありません。

もっと良いのあるかもですが、とりあえず良い感じ。

でも、やっぱシャンプーは出来ないんですよね。

欲しい条件としては

  • ラテックス使ってない素材
  • 使い捨てできる価格
  • 手や指になるべくぴったりフィットする

こんなもんなんですが、、、

ありそうでない。

どこかのメーカーさん、作ってくれないかなぁ。

実現できればかなり売れると思いますが。

開発にはもちろん協力します。なんて。笑

手荒れなんてもったいないから、そういうところが改善されれば、もっと美容師という仕事のハードルは下がると思うんだけどなぁ。

開発関係の方でリアルな手荒れ持ち+現役美容師の意見が欲しい方は私まで。

いつでも協力します。

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

全ての基本は、土台をととのえることから始まります。

 

「髪のダメージが気になる」「髪の毛がまとまらない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方に試してみてほしいヘアケアがあります。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事