スポンサーリンク
髪の毛を傷めない白髪染めはありますか?今まで様々な白髪染めをしてきましたが、髪を傷めてしまい、髪の艶やハリがなくなってしまいました。髪の毛を傷まず自然な染め上がりとなる白髪染めを使いたいのですが、そのような白髪染めの種類がありましたら教えていただきたいので、お願いします。

 

 

回答者プロフィール


[php snippet=1]

 

シンバカズヤ
髪をまったく傷めない白髪染めはありませんが、ヘアマニュキュアやカラートリートメントなどは比較的髪の毛を傷ませにくいカラー剤だと思います。

 

髪の毛のダメージについて

 

そもそもなのですが、髪の毛に対してまったく負担のないカラー剤はないと思います。

どんなものでも多少なりとも影響があるものです。

ですがその中でもなるべく負担や影響の少ないものもありますのでそちらを説明していきたいと思います。

まずヘアマニュキュア

名前の通り、髪の毛のマニュキュアです。

髪の内部にはほとんど入らずに表面をコートするような形で色をつけていく薬剤です。

髪の内部に入りにくい分、色落ちなどは比較的早い方ですが通常のカラーに比べると格段に負担が軽いです。

また、髪の毛を脱色する(明るくする)力はないので元の髪の毛の色や明るさに仕上がりの色が左右される部分があります。

おすすめなのは、地毛が黒に近い状態で白髪を同様に黒や暗めのブラウンなどで染めてあげると比較的自然に仕上がります。

カラートリートメント

最近人気があるタイプです。

いわゆるヘアトリートメントに色素が入っているタイプ。

  ただしここで言っているのは市販のいわゆる「お風呂場で使用するタイプ」ではありません。美容室で使用するようなタイプのものです。

こちらもものによりますがそこまで髪の内部には入りきらずに表面を中心に染めっていくタイプ。

その分負担が少ないのと色持ちがやはり悪いのはある程度しかたないかもですね。

この2つがなるべく髪の毛の負担を少なくしながら、白髪を染めるとしたらおすすめです。

参考になりましたでしょうか?

お役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事