【QandA】自宅でセルフで行うヘッドスパの効果はありますか?
スポンサーリンク
自宅でセルフで行うヘッドスパの効果はありますか?

 

回答者プロフィール ーWRITERー

原宿の美容室でフリーランスとして働いています。美容師歴12年。薬剤やヘアケアに関する知識が豊富。ショート~ボブのパーマスタイルが得意です。丁寧なカウンセリングが信条。美意識の高い大人の女性からの評価をいただいています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

 

シンバカズヤ
何を効果とするかによりますが、サロンで行うスパと同じような効果はなかなか得にくいと思います。

 

自分でヘッドスパ、する?

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6 m そもそもヘッドスパとはなんなのか? ヘッドスパ自体は日本でできた造語です。 なので明確な定義があるわけではないのですが、主には頭皮に対しての洗浄やマッサージなどを指すようです。 以下ウィキペディアからの引用です。

ヘッドスパ ページの問題点 ヘッドスパとは、日本の造語。頭皮の洗浄、マッサージなどを施し、髪そのものと頭皮を活性化させる行為。 語源 編集 ヘッドスパは頭部中心に温泉の意味であるスパを施すという、日本の造語。主に理髪店、美容院で行われる頭皮ケアを中心とした技術体系、またはこれに付随した整髪料そのものを指す場合もある。「ヘッドスパ」の名称は美容器具メーカーであるタカラベルモント社が平成14年に命名し、平成15年に商標登録された。それまでは「ヘアエステ」「ヘッドケア」など、類似した技術に各メーカーが独自のネーミングをしていたが、これらは次第に影を潜め、「ヘッドスパ」が一般的になった。 主な内容 編集 インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダが起源とされており、「頭皮のクレンジング」「マッサージ」「髪の修復」が主な要素となっている。頭皮のツボの指圧やオイルの塗布、人の手によるマッサージなど、これらは単なる洗浄に加えリラクゼーション効果もあるため、美容院やヘアサロンだけでなくエステサロンやヘッドスパ専門店などでも導入されるようになった。 効用・効果 編集 頭皮マッサージは血行を良くし、頭皮や髪に栄養を行き渡らせることで抜け毛・白髪の予防に繋がり、頭痛・肩こりの緩和にも貢献するとされており、[1]、ツボ押しは顏のしわやたるみの予防などにつながるとも言われている[2]。
出典: ヘッドスパ - Wikipedia

こんな感じですね。 大雑把にいってしまえば「頭皮の洗浄」と「血行促進」ができればある程度効果があるといっても良さそうです。 次にどのように行うか、ですがネットで調べる限りでは市販の炭酸水を使用してすすぎなどを行いシャンプーする、などのようなやり方が多いですね。 もしくは最近では市販のもので「ヘッドスパシャンプー」なるものも見かけます。 説明が長くなってしまうので結論だけ言うと、炭酸水を用いたものは効果はあると思うのですが相当量の炭酸水が必要です。 ペットボトル1本程度ではあまり変わらないでしょう。 E18389f99b5b800891f100ca9859d55c m そう考えると恐ろしくコストパフォーマンスが悪いはずです。 いずれにしろ、僕自身の考えではヘッドスパの本懐は「リラクゼーション」です。 自身でマッサージするのももちろんいいですが、正直リラックスできるでしょうか...? それができたらおそらくマッサージサロンなどは存在しないと思うので、やはり自分でやるのと人にやってもらうの根本的に違うと考えた方がいいと思います。 洗浄のみなら、炭酸入りのシャンプーなどで十分代用できますが、ことマッサージに関してはやはり難しい気がします。 もしくはこういったものなら効果は期待できるかもしれません。 でもやはりこれ買うならサロンでやってもらった方がいい気がします。 どうしてもきになる場合には、試してみてもいいかもしれませんね。 参考にしてみてください! お役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

全ての基本は、土台をととのえることから始まります。

 

「髪のダメージが気になる」「髪の毛がまとまらない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方に試してみてほしいヘアケアがあります。

 
ヘアケアで迷子になっている方へ
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事