スポンサーリンク
カラーリングをしているのですが、最近傷みが気になるようになってきました。なるべく傷ませないようにカラーするのは可能でしょうか?

 

 

回答者プロフィール


[php snippet=1]

 

シンバカズヤ
ケースや希望の色味などによって変わりますが、全体の色味を変えなくてもいい時はリタッチのみがおすすめです。

 

  この質問は髪質などの個人差によってかなり回答が変わる質問です。同じようなことが気になっている方は個別に相談してみませんか?

カラーリングにおけるダメージの原因

他の質問でもお答えしたことがありますが、基本的に薬剤を使用する施術では髪の毛のダメージは避けて通れません。

もともと不自然なことを髪の毛にしているので当たり前です。

そこで、かなり簡単にダメージの原因を説明してしまうと、要は「薬剤が髪の毛につくからダメージする」のです。

カラーの場合は、カラー剤が髪について染まる過程で髪の毛に負担がかかるわけです。

なら染めなければいいわけです。意味わかりませんよね・・・。

つまり、毎回全体を染めるのではなく伸びてきた根元のみ染めるターンを作ってあげればいいのです。

そうすれば髪の毛は元気な部分のみに薬剤がつくことになるので、最小限のダメージですみます。

大抵ダメージが気になるのっていうのは毛先です。当然何回もカラーやシャンプーなどを繰り返してきているので根元よりも傷みの蓄積が大きいわけですね。

なので、その部分には触れない。

これが最善です。なので、ダメージをさせないことを最優先事項とするなら、毎回リタッチのみが一番いいでしょう。

白髪染めや、比較的暗めのトーンの場合はおすすめです。

ただし、ある程度の明るさや色味を楽しみたい場合には毎回リタッチでは毛先に色味が入らないので難しいです。

バランスを見ながら全体を染める時とリタッチのみの時、使い分けられるといいですね。

参考になりましたでしょうか?

お役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事