スポンサーリンク
最近、白髪が増えてきました。特に去年あたりから前髪の方は著しく増えています。現在35歳です。母親も30代くらいから白髪が増え始めたと言っていて、髪質もよく似ているので、遺伝もあるのかなあ、とは思います。昔は、1本、2本の時は抜いていましたが時々、毛先は白髪でも、根元は黒くなっていることもありました。白髪染めも考えていますが、母親が白髪染めをしても、明らかに茶色にしか染まりません。私自身、高校生の頃に茶色く染めたことがありますが、綺麗に染まりませんでした。美容院では「髪質の問題」と言われましたが、白髪染めでも、綺麗には染まらないのでしょうか?
シンバカズヤ
白髪は白髪染めでも綺麗に染まらないのか、との事なのですがご希望の色味がどのような感じか、またご自身のグレイヘアの比率によっても変わってきます。ただ、何となく文脈から推察するにブラウンというよりかは自然な黒髪に近い色を希望されてるのかと思います。であればおそらく均一に染めるのは白髪染めでも可能かと思われます。ただし、必ずご自身のグレイヘアの比率と希望の色味に合った薬剤を適切に使う事が条件になります。

白髪を綺麗に染めるためのポイントは?

先に結論から申し上げると、どんな髪質でも、どのくらいのグレイヘアの比率でも、どのような希望の色味であっても、綺麗に染め上げる、というのは正直難しいです。

もちろん条件さえ整っていれば思い通りの色味に染め上げることは可能な場合も多いのですが、必ずしもすべて条件が揃うこともなかなかなかったりします。

もちろん一昔前に比べればカラー剤の性能、スペックもかなり良くなっているので叶えられる領域は広がっていますがどうしても限界はあります。

ではそのポイントとは?

主に以下の3つです。

  • 髪質(明るくなりやすいか?なりにくいか?)
  • グレイヘアの量
  • 希望の色味や明るさ

細かい条件やケースを言い出せばキリがないので、逆に1番うまくいきやすいパターンを挙げますと、

  • 標準くらいの太さ、硬さで明るくなりやすさも普通くらい
  • グレイヘアの量が20〜30%ほど
  • 仕上がりの明るさが黒髪〜8レベル

こんな感じでしょうか。

そういった髪質に合わせてお薬が作られているので、自ずと仕上がりは綺麗に染まりやすくなります。

まずは自分の髪質を知ることから

上記にあげたポイントを押さえるときに、大切になるのは正確に自分の髪質を把握することです。

これが簡単なようで難しいのですね。

「そんなの自分が一番、自分の髪の毛と付き合ってきてるんだからわかってるよ!」なんて声が聞こえてきそうですが、それが合ってれば何も問題ありません。

ただ、意外にもみなさん自分の髪質のことはよくわかってらっしゃらない場合が多いので、一度担当の美容師さんに聞いてみることをオススメします。

聞くだけならタダですからね。

自分の髪の毛は太めなのか?細めなのか?

硬いのか?柔らかいのか?

明るくなりやすいのか?なりにくいのか?

白髪の比率はどのくらいなのか?

自分が希望しているカラーリングの明るさは何レベルなのか?

などなど、、、

意外にも「思い込み」で判断されてる部分も多かったりします。

なので、プロに確認してみる。

それが意外にも自分自身でカラーリングするようであっても、成功する近道だったりします。

まとめ

まずは自分自身の髪質について正確に把握しましょう。

その上でどんな色にしたいのか?

それに合うお薬を使うことが大事ですね。

ご相談はいつでも承っております。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事