スポンサーリンク

今回は初めてご来店いただいたY様。

ドネーションのために伸ばされていてそうです。

ぱっと見問題なさそうなのですが、ご自身では短くしたときにクセが出てまとまりにくくなるのが心配とのこと。

せっかくバッサリ切るので逆に動きのあるパーマをかけてみようかな、ことだったのですが一旦保留にしました。

写真ではわかりませんが、前髪も長い状態で「つくりたくはないけどバランスはよくしてほしい」というオーダー。

ヘアスタイルの仕上がりもほぼお任せだったのですが、今回はやや前下がり感のあるショートボブを提案させていただきました。

ボブって万能です。似合わない人がいない、というか前髪や細かい長さの設定、襟足の長さなどですごくバリエーションが広くなる髪型なのでどんな方にでも似合わせやすいんですね。

Before

パーマに関してはシャンプーしてみてから考えましょうとお話ししました。

なぜかというと、ご自身でも気にされてたようにおそらくクセがあるのと、実際にそのクセがどの様にどこに出てくるかでベストな施術は変わるからです。

ロングの方の場合、髪の毛の重みでクセがほとんど気になならなくなる事も多いのです。

実際にビフォアの写真でもそんなにクセがある様には見えないと思います。

いらした時も特に何もせず乾かしただけ、とおっしゃっていたので「これならパーマかけてもいいかな〜」とか思っていたのですが、ドネーション用に長さを切ってシャンプーしてみたら、しっかりとご自身のナチュラルウェーブは健在でした。

なので、事前に提案していたストレートをすることに。

ただし、

  • 後にパーマをかけるかもしれない
  • あまり不自然にまっすぐになるのはイヤ

ということだったので、1番ナチュラルにかつ手軽にできるコスメストレートをおススメさせていただきました。

  コスメストレートというのは、コスメクリームというお薬を使ってかけるストレートです。興味ある方はこちらからどうぞ。

After

仕上がりはこのような感じです!

残念ながらお顔は出せないのでややわかりづらいとは思いますが、、、

こんな感じでヘアドネーションしながら、理想の髪型にちかづけることも可能です!

ご参考ください!

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事