スポンサーリンク
髪の毛を耳にかけていたらあとが付くんですけど、それを簡単に直す方法ってありませんか?
シンバカズヤ
髪を耳にかけたり、ピンで留めたりしているとほとんどの人があとがつくと思います。いわゆる寝グセも同じ原理です。簡単に直す方法としては、その部分を濡らしてしまうのが一番早く効果的です。可能なら、ストレートアイロンで伸ばすのも簡単でしっかり直せると思います。

クセがつく原因は?

髪の毛にはその形をつくる元になっている「結合」というものがあります。

何種類かあって、それぞれ特徴や性質が異なるのですが、一時的につくクセには「水素結合」というやつが関係しています。

こいつは1番くっつきやすく、離れやすい結合なのでちょっとした時間髪を耳掛けしたり留めたりするだけであとがつくのですね。

そして1番簡単に髪の形を変えられる結合でもあります。

髪の毛も繊維なので、洋服などと原理は一緒です。

水に濡れると水素結合は切れる

そうなんです、水に濡れるとこの結合は切れるんですね。

だから、寝グセなどを直すときも水で濡らしますよね?

あれと全く同じです。

で、乾くと結合がまたくっつくので元どおりの髪の形に戻るわけです。

熱を加えるのも有効

もしあればですが、水に濡らさずともドライヤーでブローしたりストレートアイロンで伸ばせるのならそれでも形は変えられます。

熱によっても水素結合の形は変えられるのですね。

時間だけで言えばよりこちらは短時間で直せると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

 
世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事