スポンサーリンク
現在ヘアカラーやパーマなどをしていないのですが、元々の髪質のせいなのか傷みのせいなのか髪の手触りや指通りがよくありません。太くて量の多い髪が絡まりやすく、ピンとハネているいわゆるアホ毛も多いです。最近、ロングヘアだったのをカットし鎖骨に触れるくらいの長さにしました。今後は出来るだけキレイにのばしていきたいと思っています。そこで今回はタオルドライの仕方についてお聞きしたいです。
私のタオルドライの仕方です。
1.髪を手でひとまとめにして、ぎゅっと水分を絞る。
2.地肌に近い部分の髪はタオルで地肌を強く押さえるようにして水分を吸い取る。
3.1.と同じことをタオルを持った手でする。
1.~3.まで髪どうしを擦り合わせないようにしています。

最近は髪をぎゅっと絞ったりすることも良くないのかなと思い始めたのですが、水分をしっかり吸い取っておかないとドライヤーでの乾燥が大変ですし、タオルドライの正解がイマイチわかりません。何かアドバイスがありましたら、教えていただきたいです。

 

 

回答者プロフィール


[php snippet=1]

 

シンバカズヤ
特に問題なくできているのではと思います。タオルドライの時のポイントは、髪の毛が摩擦などでこすれないように丁寧に優しく水気を取るのが大切です。

 

とにかく摩擦に注意する

 

非常にお手本のようなタオルドライの仕方だと思います。

まずしっかりと手で水気を切り、そのうえでタオルで優しく包み込むようにしながら更に水分を取っていく。そして基本的には地肌の方からはじめて徐々に毛先の方の水分を取っていくのが効率よくタオルドライをするポイントです。

一つ付け加えるならば、一通り水気を切ったら一度あらめのクシなどで髪の毛を軽く梳かしてからもう一度タオルを使うとよりしっかりと水分を取ることができます。

そうするとよりドライヤーの使用時間を減らせるのでオススメです。

試してみてください。

参考になりましたでしょうか?

お役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

 
世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事