スポンサーリンク

 

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴13年。ショート〜ボブスタイルが得意です。「たとえ髪の毛を切らなくても髪型と印象は変えられる」を信条に美容師をしています。似合う髪型をわかりやすく論理的に提案します。「美容室が苦手な方」や「そもそも髪型は何がいいのかわからない」といった方のために仕事をしています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

こんにちは。シンバです。

昨日の夜、こんなツイートを見かけました。

なんと…!!

おそらく15cmのヘアドネーションってこれのことだと思うんですが…。

ジャーダックとは別の団体が行なっているものですね。

15センチというのはフルウィッグではなく、あくまで付け毛のような部分的なものに使われる最短の長さのようです。

個人的にはこんな記事書いてるくらいなので、「ドネーションのハードルが下がって認知度が上がって参加する人が増えたりしたらいいなー」とか思ってたんですが、どうやら現実はそうでもないらしいです。

いや、ドネーション自体に参加したり興味を持つ人が増えているかもしれないので一概には言えませんが、ある意味長くなるのを待たずに参加しようと思う方が増えるというのもトレードオフなのかな、、、と。

長い髪の毛の方が慢性的に不足しているようですし、人毛の価格がめちゃくちゃ高いのは事実。特に50センチ以上の長さが本当に不足しているようです。

個人的には15センチのドネーションも何度かお受けしたのですが、今後は31センチ以上のみ受け付けようと思います。

良い悪いの話ではないんですが、やっぱり本質的に難易度が高くて、集まりにくい部分に協力したいなと思います。

ヘアドネーションに興味がある方は、ぜひ一度ご一考していただくきっかけになれば。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事