スポンサーリンク
日焼け止めはいつまでつければいいのでしょうか?

 

 

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴13年。ショート〜ボブスタイルが得意です。「たとえ髪の毛を切らなくても髪型と印象は変えられる」を信条に美容師をしています。似合う髪型をわかりやすく論理的に提案します。「美容室が苦手な方」や「そもそも髪型は何がいいのかわからない」といった方のために仕事をしています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

シンバカズヤ
目安ですが、9月いっぱいまではつけていた方が安心です。

 

紫外線が強いのはいつまで?

IMG 5742

なにを基準にみるかによって変わってきますが、こと髪の毛への影響を考えればだいたい10月に入ってしまえばそこまで影響はないでしょう。

また、紫外線自体の強さもさることながら紫外線の量というのも重要です。

紫外線量は日照時間(太陽が出ている時間)に大きく左右されるので、そういった意味でもやはり本格的な秋が始まる季節である10月までが目安になると思います。

日最大UVインデックス(観測値)の年間推移

Uvi tsu2016

データの見直しなどで図が変わることがありますので、最新のものを御利用下さい。
●は観測値、細実線は1990年から2016年までの累年平均値を表しています。

出典: 気象庁| 日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ

こういったグラフを見ればわかりやすいですね。

イメージ的にはオレンジ色のゾーンが多い月はまだ紫外線対策が必要だといえます。

この時期はちょうど空気中の湿度や気温なども大きく変わる季節なので、ヘアケアの方法の見直しにもちょうどいい時期ですね。

また、実際に紫外線の影響でどのような変化が髪の毛にあるのかも書いている記事があるのでよろしければご覧になってみてください!

ぜひ参考にしてみてください!

お役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事