【してからでは遅い】髪の日焼け対策は◯◯が命!
スポンサーリンク

この記事を書いている人 ーWRITERー

原宿の美容室でフリーランスとして働いています。美容師歴12年。薬剤やヘアケアに関する知識が豊富。ショート〜ボブのパーマスタイルが得意です。丁寧なカウンセリングが信条。美意識の高い大人の女性からの評価をいただいています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

こんにちは。シンバです。

早いものでもう5月下旬・・・春も終わり夏の始まりのような日が多くなってきていますね。

以前にこんな記事も書いていますが、やはり最近多いのが紫外線についての質問です。

[kanren postid="3481"]

そんなこれからの季節に必須の「髪の毛の日焼け対策」について今回は解説していきます。

髪の日焼けは肌に比ではない?

sunburn

まず初めに、髪の毛がどのくらい日を浴びているかご存知ですか?

地域やその時の天気、個人の身長などにもよりますがだいたいお肌の3~5倍ほどの紫外線量を浴びていると言われています。

元々は頭皮をそういった外部の刺激から守るために髪の毛があるので当然は当然なのですが、現代においてはやはり髪の毛もきれいでいた方がいいですよね。

ヘアカラーをされている女性も多いのでなおさら髪のUVケアも気にした方がいいでしょう。

具体的に髪が日焼けするとどうなるかというと・・・

紫外線の毛髪への影響

demi

毛髪は紫外線により乾燥、強度の低下、表面の粗雑化、色素や光沢の消失などの影響を受けます。
しかし、その機構はまだ詳しく解明されていません。

通常、紫外線が毛髪に当たると紫外線は吸収され、毛髪を構成しているアミノ酸(シスチン、チロシン、フェニルアラニン、トリプトファンなど)が酸化されて別の物質に変化してしまいます。こうなることで、毛髪を構成しているケラチンタンパクがダメージします。

また毛髪のS-S結合が切れ、酸化によってシステイン酸(SO3H)が生成することでも毛髪がダメージします。
プールや海水浴などで髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとシステイン酸の生成が加速され、さらにダメージが大きくなります。

- 【毛髪】紫外線と毛髪について| 毛髪研究 最前線|デミ コスメティクス

こちらがわかりやすかったので引用させていただきました。

と言っても一般の方からするとわけがわからないと思うので要約しますと・・・

・日焼けすると髪の毛は傷む
・具体的には「色落ち、明るくなる」「パサつく」「手触りがごわつく、まとまりにくくなる」「枝毛が増える」
・肌と違って時間がたっても直らない

このような感じです。

一言でいうならば「いいことは何もない」って事ですね。

すぐできる日焼け対策は?

hat

肌も髪も同じですが、何よりも予防が大切です。

日焼けする前のケア(予防) > 日焼け後のケア(アフター)

アフターと比べれば2倍以上は予防が重要です。

だって予防が完璧であればアフターケアはほぼいりませんからね。

そう言った意味でこの時期におすすめなのは・・・

・帽子をかぶる(長い場合は結んでまとめる)
・日傘をさす

こういったことは割とかんたんにできるのでおススメです。

とにかく日を浴びなければいいのです。

これを徹底できれば、日焼けによる髪の毛のダメージというのはかなり抑えられるはず。

そうはいっても帽子ばっかかぶってられない!!
他の対策を教えてよっっ!!って方にはこちらを↓↓

[kanren postid="3807"]

アフターケアの方法は?

hair

これだけ言っても日焼けしてしまった・・・

あとから後悔している・・・そんな方にはアフターケアを。

最初にお伝えした通り、基本的には髪の毛は日焼けしてダメージしたら元どおりにはなりません。

が、その時々の状態に合わせてコンディションを整えるのは可能です。

これに関しては、どんなことをするのがいいとか、どんなアイテムを使うのがいいとかよりも

いつもより早めにサロンに行きましょう

これです。

色抜けが気になるならカラーリングを。パサつきやごわつきが気になるのならトリートメントを。どうしても枝毛が気になるのならカットを。

その時の髪の毛の状態に合わせてケアしましょう。

それが最善です。これさえやっときゃ大丈夫!などはありません。

ぜひ参考にしてみてください。

そうはいっても先に相談したい!
そんな方は実際にいまのご自身の髪の状態を相談してみませんか?

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事