スポンサーリンク

こんにちは。

今回はこんな感じ。

ドネーションにご協力頂く方は当たり前ですがほとんどの方が胸より下のロングの方ばかりです。

Before

やはり長いですね。

カウンセリングの結果、

  • あまりベリーショート過ぎるのは少し抵抗がある
  • なるべく普段のスタイリングは簡単にしたい
  • また伸ばしたくなった時も伸ばしやすいスタイルがいい

というご要望がありましたので、あごラインくらいが目安のあまり段差の入っていないシンプルなワンレングスのボブスタイルを提案させていただきました。

以前も書きましたが、比較的あごライン付近の長さはどんなお顔立ちであったり骨格や髪質の方でも似合わせやすい長さです。

なおかつご自身でスタイリングするときに、どのくらいの時間や手間をかけるかによってやりやすい形は変わるのですが、あまりご自身で複雑なのは・・・って方の場合はあまり段差が入ってない髪型のほうが楽ちんな場合が多いです。

さて、早速ドネーション用の長さをカットさせていただきます。

ゴムで結んだところ

髪の量や長さによりますが、自分の場合はこんな感じで毛束を結んでいきます。

切ってからだと結びにくかったり髪の毛がポロポロ落ちてきてしまうのでしっかり3点結びます。

切った図

やや長いように感じるもしれませんが、ヘアスタイルを作るときにはどうしてものり代というか、切り代のような少しのあまりが必要です。

この時点でジャストすぎると、そこからさらに短くなってしまうので少しだけ長めに切っています。

ただ、ちゃんとドネーション用の31センチは頂いています。

仕上がり

仕上がりはこんな感じです。

ちゃんとお話ししていた通りのあごラインのワンレンボブです。

特に寒いうちはどうしても上着やマフラーを巻いたり、首元に洋服のボリュームが集中します。

このくらいスッキリしているとそんな時季でも変にはねたりまとまりが悪いということも少ないはず。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事