スポンサーリンク

こんにちは。

本日はこんな感じで。

Hさんは、どうせばっさり切るなら誰かのためになるほうがいい、とのことで今回ヘアドネーションにご協力いただきました。

 

Before

 

 

 

長い。長いです。

今日くらいばっさり切るのはかなり久しぶりとのこと。

なるべくなら長さを残したい、とのオーダー。

が、しかし。よくよくお話を伺っていくとそこまで形に対するこだわりがあるわけでもなさそうでした。

どちらかというと、ここまで短くなるのは本当に久しぶりで果たして似合うのか?そちらの方が心配だというご様子。

 

なおかつお手入れは夜にお風呂から上がった後にドライヤーで乾かすのみ。

朝はクシで梳かす程度とのこと。

どちらかというとご本人が似合わないと思っていらっしゃるスタイルの方が実は似合う可能性が高いこと。

また、お手入れのしやすさから考えても実際にご自身の髪質などを考えた時に実は避けていらっしゃるスタイルの方が普段のスタイリングは楽な可能性があることをお伝えしました。

 

その上で大筋の髪型の方向性を確認して、細かい部分はお任せいただく形でカットをさせていただきました。

 

 

After

 

 

 

 

 

このような仕上がりになりました!

今回はコテやブラシは使わずに手ぐしでドライヤーのみで乾かしただけです。

軽めのヘアクリームを最後につけさせていただきました。

襟足が伸びてきた時に見えてくるのは困る、とのことでギリギリ伸びてきてもその部分が気にならないように長さの調整をしています。

ただし、やはり何事もバランスなのである程度の切り込み方とメンテナンスのサイクルの重要性はお伝えさせていただきました。

基本的にはショートのスタイルになればなるほどカットラインが崩れるのは(そう感じるだけ、という部分もありますが)早くなります。

オススメは1ヶ月〜1.5ヶ月がベストだと思います。

 

ではでは今日はこの辺で。

 

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事