スポンサーリンク

 

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿の美容室でフリーランスとして働いています。美容師歴12年。薬剤やヘアケアに関する知識が豊富。ショート〜ボブのパーマスタイルが得意です。丁寧なカウンセリングが信条。美意識の高い大人の女性からの評価をいただいています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

 

最近やっと気にする方も増えてきた「髪の毛の紫外線対策」。

確実でカンタンなのは帽子や日傘などで、とにかく日差しを浴びないことなのですが、それ以外の選択肢もあった方がいいですよね。

[kanren postid="3792"]

そこで今回は髪の毛にも使える日焼け止めの種類とオススメのアイテムを含めてご説明したいと思います。

毎日帽子ばっかりかぶってられない人は日焼け止めがおすすめ

Sun cream

いくら帽子や日傘が便利だとは言え、そうそういつも持って歩くのも大変だし、そんなこと言ってられない時もあります。

そういった場合にはやはり髪の毛にも日焼け止めを使うのが楽だと思います。

最近では肌と兼用で使用できるものも増えてきているので、そういったものを選ぶのがおすすめです。

余談ですが、僕自身の経験として過去に髪の毛専用の日焼け止めを購入していただいたお客様の8割は途中で使わなくなってしまいました・・・。そうなるとただの洗面台の飾りになってしまうので、お肌にも使えた方がそういったリスクは抑えやすいかも。

主にスプレータイプとクリームタイプがあるのでお好みで選びましょう。

・外出が多く、お日様に下にいることが多い人はスプレータイプ

・外に出るのはそこまで多くないけど、手軽にケアしたい人はクリームタイプ

・海や山など、レジャーの前には両方使ってしっかりケア

スプレータイプのおすすめ

上記の通り、肌にも髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めです。

市販のものとの違いは、よりお肌に優しい低刺激タイプなのとつけたときの髪の毛の質感が自然でまとまるってところでしょうか。

あとはカバンに入れて携帯しやすいサイズなのもポイントです。

クリームタイプのおすすめ

こちらがクリームタイプ。

こちらもお肌に使えるのですが、基本的には頭皮の分け目などにつけるくらいの使い方がおすすめです。
(全身に使うには使用感と量が少ない)

寝る前にドライヤーの前に使用すれば次の日の紫外線をカットしてくれる&髪の毛の感触や手触りもよくなるのでおすすめです。

出かける前にいちいちつけなくていいのがポイントです。

日差しが強い場所に行く時にはダブルがおすすめ

brother

日常使いとしては上記のうちどちらかだけでいいと思います。

ご自身のライフスタイルや好みに合わせて使えればいいと思うのですが、ことレジャーなどの紫外線が強かったり、長時間太陽の下にいる場合には両方のケアを併用するのがおすすめ。

事前にクリームタイプを前日の夜に使用しておき、当日はスプレーをこまめに使用する。

やや面倒ですが、この一手間が髪の毛のその後の状態をかなり左右するのでしっかりとケアすることをお勧めします。

もちろん、帽子などをかぶればさらに効率よくケアできると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事