スポンサーリンク
パーマとカラーはどっちを先にやるのがいいんでしょうか?どっちがより持ちが良くなりますか?

シンバカズヤ
基本的には後から施術したものの方が持ちは良くなります。ダメージに関してはどちらが先でもさほど変わりはないと思います。個人的なおすすめとしてはパーマ→カラーの順番がおすすでめです。

この記事を書いた人 ーWRITERー

原宿でフリーランスの美容師として活動しています。美容師歴13年。ショート〜ボブスタイルが得意です。「たとえ髪の毛を切らなくても髪型と印象は変えられる」を信条に美容師をしています。似合う髪型をわかりやすく論理的に提案します。「美容室が苦手な方」や「そもそも髪型は何がいいのかわからない」といった方のために仕事をしています。
詳しいプロフィールはこちらから

シンバカズヤ

どちらを優先したいか?

これを基準に考えるといいとおもいます。

絶対的に後から施術したものの方が残りやすいです。

カラーが後なら色は綺麗に残りやすいですし、パーマが後ならカールやウェーブの感じは残りやすいと思います。

ぎゃくに先に行った施術はやはり後から行った施術の影響を少なからず受けると思います。

カラーであれば多少の色抜けは避けられないですし、パーマであればウェーブダウンと言って少しだけかかり上がりがゆるくなります。

もちろん個人差ありますが、そういう法則というか関係性はどなたにも当てはまると思っています。

じゃあどうすればいいのか?

上記の通り、僕個人的としては先にパーマしてからカラーリングがオススメです。

理由としては

  • パーマがゆるくなったのは客観的に見てもわかりづらい
  • カラーの場合には色落ちすれば当然ムラになるのでわかりやすい

という感じです。

あんま変わらないよ、という声もありますがどちらの方法も試した結果、ここに落ち着いています。

あとは、カラーリングが根元だけのいわゆるリタッチであれば先にカラーリングするのも全然アリかと思いますし(全体染めるのに比べれば色落ちはよりわかりにくい。白髪染めは別です)部分パーマなどであっても同じです。

あとは、大抵の美容師さんはどちらが先にしてもある程度そういった事を踏まえてパーマをあらかじめ少しだけしっかり目にかけておいたり、逆にカラーリングなら明るさや色を少しだけ濃いめにしておいたり、という方法で対処している事が多いのではないでしょうか?

まとめ

気になった時には担当の美容師さんに確認してみるのが1番です。

きっとあなたの髪質、希望のヘアスタイルやカラーリングに合わせてベストな方法をチョイスしてくれると思います。

ご参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

髪型が思い通りにならない原因を知ってますか?

 
世の中を見回してみると、意外にも髪型が思い通りになっている人というのは少ないように感じます。

 

あなた自身はどうでしょうか?

 

これだけヘアスタイルや髪の毛に関する「情報」はあふれているのになぜでしょうか?

 

これには明確な原因があります。

 

いままで通りの美容師やサロンのあり方では解決しにくい問題です。

 

「美容室は好きじゃない」「いつも髪型が思った通りにならない」

 

そんな方はぜひご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー!

おすすめの記事